ユーザー車検の受け方について

2015年1月20日 / 未分類

自動車(400cc以上のバイクなど含む)を所有している方は、切っても切れない関係を持っているものが「車検」です。
2年ないし1年ごとに必要となるものです、「公道を走行するために必要なもの」であり、車検を受けずに行動を走行すると刑罰もしくは科料に処せられます。ただし、あくまで行動を走行するためには車検が必要であるに過ぎないため、私道を走行する場合はその限りではありません。
車検と言うと、基本的に10~30万円程度の費用を必要とすることが一般的です。金額の差は車種(タイプ)や調整箇所などによって大きく影響してきます。現在の一般的な普通乗用車であれば平均10~15万円、軽自動車で5~10万円と言ったところになります。
ただし、これは業者を利用して車検を受けた場合に必要となる金額です。車検を受ける方法は1つでは無く、業者を利用せずとも自分で車検を取得する方法もあります。後者の場合をとくに「ユーザー車検」と呼んでいます。
この方法は、通常であれば代行業者が行う車検審査を個人が自分で行う方法です。当時の整備や調整に関しては全て自分で行う必要がありますが、合格してしまえば安い費用で通常車検と同様の効果を得ることができます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る