車検に出す前に調べておきたい事特集

2015年1月20日 / 未分類

車に乗っている際には、この車に不具合がないかということを定期的に調べる必要があります。この点検のことを車検といいますが、新車の場合は3年、それからは2年ごとに車検を受けなければいけないようになっています。こうすることで事前に不具合を確認することができるので、大きな事故を防ぐことができます。この車検前に調べておきたいこととしては、必要書類がしっかりと揃っているかと言うことがあります。これを忘れてしまうと検査を受けると言うことができません。この書類に関しては自動車納税証明書と自動車検査証と点検整備記録簿と自賠責保険証明書になります。もし車検証を紛失した場合には、管轄の陸運局で再発行をすることができます。そのほかに必要な物としては、認め印やお金、車検切れの車両を検査する場合には、仮のナンバーが必要になるので臨時運行許可証が必要になります。急なトラブルに備えて工具を用意しておくと安心です。車検とは車のメンテナンスのことですが、これを受けたからといって必ず壊れないという物ではないということを理解しておきます。この車が保安基準に適合しているかを確認するために一定期間ごとに国土交通省が行う検査のことを言います。通ることができるようにしっかりと準備をしておくようにします。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る