カテゴリー「未分類」の記事

ユーザー車検の受け方について

2015年1月20日 / 未分類

自動車(400cc以上のバイクなど含む)を所有している方は、切っても切れない関係を持っているものが「車検」です。
2年ないし1年ごとに必要となるものです、「公道を走行するために必要なもの」であり、車検を受けずに行動を走行すると刑罰もしくは科料に処せられます。ただし、あくまで行動を走行するためには車検が必要であるに過ぎないため、私道を走行する場合はその限りではありません。
車検と言うと、基本的に10~30万円程度の費用を必要とすることが一般的です。金額の差は車種(タイプ)や調整箇所などによって大きく影響してきます。現在の一般的な普通乗用車であれば平均10~15万円、軽自動車で5~10万円と言ったところになります。
ただし、これは業者を利用して車検を受けた場合に必要となる金額です。車検を受ける方法は1つでは無く、業者を利用せずとも自分で車検を取得する方法もあります。後者の場合をとくに「ユーザー車検」と呼んでいます。
この方法は、通常であれば代行業者が行う車検審査を個人が自分で行う方法です。当時の整備や調整に関しては全て自分で行う必要がありますが、合格してしまえば安い費用で通常車検と同様の効果を得ることができます。

車検切れと仮ナンバー交付について

2015年1月20日 / 未分類

公道を走る車は必ず車検を受けなければなりません。
しかし何らかの事情で期限内に車検が受けられず、車検切れになってしまった車は、車検を受けようにも公道を走ることができません。
その場合は、役所に行って仮ナンバーを借りて装着することで、合法的に公道を走ることができます。

仮ナンバー交付の手続きは自分の住んでいる、もしくは車の置いてある所轄の役所・区役所・町役場で行います。
申請に必要な書類は、運転免許証・認印・自賠責保険証の原本・手数料(750円程度)・運行する自動車を確認するための書類(以下のいずれか一つ)
(自動車車検証/譲渡証明書/抹消登録証明書/自動車通関証明書/登録事項証明書/予備検査証/軽自動車検査証返納証明書/自動車保管場所証明/)です。
車検が切れてしまっている車は、自賠責保険も切れてしまっている場合が多くあります。この状態で運転することも法律違反ですので、仮ナンバーを申請する前に、自賠責保険にも入りなおす必要があります。
交付された仮ナンバーは通常のナンバープレートと同じ位置に取り付け、仮ナンバーの有効期限満了後5日以内に返納しないと、こちらも法律違反になってしまうので注意が必要です。

1日車検って何?

2015年1月20日 / 未分類

車検は、道路運送車両法に基づいて行われる自動車の検査のことです。
公道を走る自動車は、安全かつ公害を発生させないものでなければなりません。
そのため、自家用車であれば新車を購入してから初回は3年後、以降2年ごとに車検を受け、県詐称を発行しなければなりません。
車検をうけるには、主にディーラーなどの自動車整備工場で整備から検査まで受けることができます。
指定工場に車を預けます。
その日に終わる1日車検もあります。
部品交換などが特に必要ないばあい、即日完了します。
もちろん、交換部品が発生し、在庫がない場合は日数を要しますが、定められた検査場所や部品の確認を行い、あらかじめ概算見積もりをすることで、部品を取り寄せておけば、車検自体は1日で終了します。
車検では必ずしも部品交換をその日にしなければいけないわけではなく、車検に通過するための最低限の整備のみでも通すことは可能です。
後日、安全のために交換が必要な部分があれば、改めて部品交換をするという方法もあります。
また、普段から定期的に点検などを行っていれば、車検時に部品交換などの大幅な支出等も避けることができます。
公道を安全に走るためには、検査は必要なことです。

指定工場と認証工場の違いって何?

2015年1月20日 / 未分類

あまり知られていませんが、自動車の整備工場には2つの種類があります。
地方運輸局長の認証を受けて自動車整備を行っているのが、認証工場となります。この自動車の分解整備ですが、原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、連結装置を取り外して行う自動車の整備又は改造と定義されています。また子認証を受けるためには、作業場や整備に必要な機器類などが一定規模でそろっていることも必要です。しかし車検の際には、整備は行えるものの、検査自体は陸運局などに車両を持ち込んで行う必要のある整備工場となります。
上記の認証工場のうちで、整備工場内で車検まで行うことができるが指定工場となります。民間車検場とも呼ばれていますが、自動車整備に関する設備はもちろん、車検検査用の設備と検査機器、車検の検査院の資格である自動車検査員を置いていることなどの条件を満たしている整備工場となります。一般の整備から、車検に至るまで自社の整備工場で完結できるメリットがあります。最近ではカー用品店のピットなどもこの資格を持っているところが増えています。
どちらもきちんと一定の条件を満たしていることが認められていますから、自動車の整備に関しては安心して任せることができます。

車検にまつわる雑学

2015年1月20日 / 未分類

毎日通勤や、週末の旅に使用する今ではなくてはならない自動車。各ご家庭に1台は今では少なくありません。そんな自動車の点検についての雑学で、なぜ車は2年に一度車検に出さなくてはいけないのかという理由が存在します。確かに、車を持つ便利さより維持費が発生することは悩みの1つではありますが、一番頭を悩ますのは車の点検です。新車は3年に1度ですが、2年に一度するだけでもバカになりません。しかし、これをパスしないと表示されている期日を過ぎ運転していることは絶対にできません。また、目に見えない故障もわからずそのまま運転をしていると大変危険を生じさせます。2年に一度ではなく5年に一度くらいにしてほしい。という人も、少なくないと思いますがこの2年に1度というのがみそとなっています。この制度設立は1951年。60年以上も前の技術が進歩されていないお粗末にされていた時代です。そのうち、日本の自動車メーカーの技術は世界でトップとなったことで整備不良などの事故が急速に増えていきましたが、制度は昔から変化していません。これは、昔からの基準を守り続けた日本の自動車整備業界の保護でもあります。売り上げの半分をこの点検で稼ぐほどこの制度に依存させており、変更できないのが現状なのです。

依頼先と費用について

2015年1月20日 / 未分類

自動車を車検に出す場合、依頼先の業者により費用が大きく異なる場合があります。まず、車検の料金は、大きく検査代と法定費の2つに分けることができます。検査代は、業者が点検を行うことに対する費用で、業者の儲けになる部分になります。一方の、法定費は重量税や保険料、印紙代といった法律で決められたお金が含まれており、どこの業者で車検を受けても同じ料金がかかるようになっています。そのため、車検をより安く抑えるためには、検査代の部分が安い業者を探すということがポイントになります。検査代の安い業者を探すためには、一括見積もりのサービスを利用することが有効的です。このサービスでは、インターネットから車の情報などを入力すると、複数の業者に一括して車検の見積もり依頼を出すことができます。一括見積もりにより、出てきた見積金額を比較し、安い金額で車検を行ってくれる業者に依頼をすることで、コストを抑えることができます。また、出された見積もりについては、見積書の内容を十分確認することも重要です。場合によっては、追加料金として加算されていくこともあるため、料金の内訳を精査しておくことも、車検に出す前の確認で重要になります。

車検証表記の見方について

2015年1月20日 / 未分類

車検や車の名義変更・住所変更を行う場合、必ず必要となる書類として「車検証」というものがあります。基本的な表記の見方について記述していきます。
まず、登録番号があります。ここの番号は車の前後に取り付けてあるナンバープレートの番号となります。引っ越しなどで住所が変わった場合には、この車を管轄する陸運局に変更手続きを行う必要があります。この変更を怠ると、自動車税の通知が届かない事があったり、書類を紛失した際の交付手続きが面倒になることがありますので注意が必要です。
次に、初度登録月日があります。これは、新車を購入した際に初めて陸運局に登録した日が記載されています。もし、車の年式を問われた場合にはこの部分を確認するようにします。年式により重量税が変わることがあるので、しっかりとチェックするようにしましょう。
そして、車両重量があります。これはその名の通り、車の重さが記載されています。自家用乗用車の場合、重量税の金額はこの車の重さにより決まります。1kgの差で金額が大きく変わることがあるので注意が必要です。
車検は、有効期限の1ヶ月前から受けることが出来ます。有効期限ギリギリに車検を受けようとすると、車検が切れてしまう可能性があるので、有効期限を確認し余裕のある日程で受けるようにしましょう。

車検の有効期間ってどのくらい?

2015年1月20日 / 未分類

まずは、車の車検についてですが、保安基準に適合しているかを確認するために、一定期間ごとに受けなければなりません。その車検の期間については、車の種別によって異なって決まっています。その他の車種についても期間が決まっていますので、必ずご自身のお車の種別とそれに対応する車検期間を調べておく必要があります。

まず、自家用車については新車購入時は3年、それ以降は2年ごとに受けなければならないと決まっています。
また、8ナンバーのいわゆる特殊車については、初回車検も2年となっており。それ以降も2年ごとと決まっています。

車検が切れてしまった車は運転をすることが禁止されていますので、有効期間が満了になる1カ月前から車検を受けることが可能ですので、期間ぎりぎりではなく、前持って下調べをしておく必要があります。

また、車検をするのも多くの修理工場が存在し、料金もまちまちです。車検金額の見積もりもしておく方がいいと考えます。
インターネットで車検見積サービスのサイトを検索し、そこにお車の必要事項を入力すると、各社の見積が送られてきますので、是非車検の前に準備をされた方がお得です。また、事前見積をするだけで、キャンペーン中であれば、プレゼントがあったりするサイトもありますので、車検前に是非検討してください。

車検に出す前に調べておきたい事特集

2015年1月20日 / 未分類

車に乗っている際には、この車に不具合がないかということを定期的に調べる必要があります。この点検のことを車検といいますが、新車の場合は3年、それからは2年ごとに車検を受けなければいけないようになっています。こうすることで事前に不具合を確認することができるので、大きな事故を防ぐことができます。この車検前に調べておきたいこととしては、必要書類がしっかりと揃っているかと言うことがあります。これを忘れてしまうと検査を受けると言うことができません。この書類に関しては自動車納税証明書と自動車検査証と点検整備記録簿と自賠責保険証明書になります。もし車検証を紛失した場合には、管轄の陸運局で再発行をすることができます。そのほかに必要な物としては、認め印やお金、車検切れの車両を検査する場合には、仮のナンバーが必要になるので臨時運行許可証が必要になります。急なトラブルに備えて工具を用意しておくと安心です。車検とは車のメンテナンスのことですが、これを受けたからといって必ず壊れないという物ではないということを理解しておきます。この車が保安基準に適合しているかを確認するために一定期間ごとに国土交通省が行う検査のことを言います。通ることができるようにしっかりと準備をしておくようにします。

TOPへ戻る